痩せて見える色は黒ってウソ?ホント?検証結果を画像でチェック

 

 

こんにちは、Rikona mama (  @rikonaoyako ) です。

 

 

Rikona mama
Rikona mama
黒い服を着ると実際よりも痩せて見えるって、本当なの?なんだかズドーンと重たく見える気がするんだけど……。

 

 

こんな感じのお悩みを解決します!

 

 

本記事の内容

・黒い服を着て痩せて見えるのは、体型が細身の方だから【詳しい理由】

・黒を使った本当に痩せて見えるコーディネート

・黒以外で痩せて見える色は?

 

 

この記事を書いているわたしは、アパレル歴5年の元販売員であり子育てママ。 現在は本ブログと #CBK magazine というキュレーションメディアのライター業をかけもち、年間500本ほどのファッション記事を書いています。   プロフィールはこちら

 

黒い服を着ても痩せて見えない、着痩せ効果を高めるのはいったい何色?など、疑問や不安を感じている方は、ぜひ記事を読んでみてください。

 

スポンサーリンク

痩せて見える色は黒ってホントなの ?

 

 

結論から言いますと、痩せて見えるカラーは黒です!

 

ですが、細身の体型の人限定。

 

ここが落とし穴なのです。

 

ぽっちゃり体型の人が全身真っ黒でコーディネートすると、重たい印象が深まり、なんだか黒い塊のように見える危険が伴います。

 

▼全身ブラックのコーディネート例をご覧ください。

 

 

163cm・56キロ

 

全身黒コーディネートのかなり極端な例ではありますが、

身体の輪郭がはっきりすることで、実際よりも太って見えてしまいました。

 

では、黒い服をバランスよく着こなすためには、どうしたらいいのでしょうか?

意識したいポイントは以下の3つです。

 

 

・全身真っ黒は避ける
・黒い服でも軽い素材を選ぶ
・アクセサリーで華やぎをプラス

 

 

上記を意識しつつ、

ここからは、黒い服を使った痩せ見えコーディネートをご紹介します!

 

【痩せて見える色】黒トップス×白パンツ

 

 

先ほどの黒トップと白パンツのモノトーンスタイル。

黒の面積が減ることでコーディネートに軽さ生まれ、すっきりした印象になります。

 

実は、パンツのトップスインは、お尻のラインが目立つから正直苦手……。

しかし、UNIQLOのベイカーパンツは生地が厚くシルエットもきれい♡

挑戦する価値アリです。

 

【痩せて見える色】黒いボトム

 

▼先ほどのトップスの色を、黒からアイボリーにチェンジしたスナップです。

 

 

アイボリーは痩せ見えという観点でお話しすると、膨張しやすいカラーです。

そんな着太りしやすいアイボリーのトップスを着用したスナップは、全身黒スタイルよりもシャープな印象にみえませんか。

メリハリのあるカラー配色が、スタイルアップ効果を促進してくれます♪

痩せて見えるカラーのまとめ記事>>>30代40代が痩せて見える服とは? 色や柄、バランスまで徹底解説

 

また、下半身の痩せ見えを狙うなら、黒のスキニーパンツも有効!

ずっしりと重たい雰囲気にならないよう、明るいカラーのトップスやキャップで、視線をあげることを意識するのがオシャレ技です♡

 

 

黒スキニーパンツのまとめ記事>>>ダサい女ファッションを抜け出したい!ママが使える着こなしテク

 

【痩せて見える色】全身黒服×小物で明るさをアップ

 

どうしても全身黒い服を着たい!そんなときは、小物でコーデに明るさをプラスしましょう。

 

 

今回はグリーンのチェーンバッグをアクセントに添えてみました。

足元をサンダルにチェンジし素肌を見せる面積を増やすと、コーディネートがさらに軽やかになります♪

 

小物ではありませんが、白いレイヤードカットソーを重ねても、今っぽくおしゃれです。

 

 

 

【痩せて見える色】黒い服×アクセサリーで顔周りを華やかに

 

黒い色や、ダウンなどの素材は、コーディネートを重たい印象に見せてしまいます。

そんなときあると便利なのが、存在感の強いアクセサリーです!

 

中でもイヤリングやピアスは、一点添えるだけで顔周りをパット華やかに仕上げてくれます♡

イエローベースの肌の方はゴールド系・ブルーベースの肌の方はシルバー系を、ぜひ加えてみてください。

 

【痩せて見える色】黒い服の中でも軽い素材を選ぶ

黒い服の中でも、レースデザインやポリエステルなどの軽い素材は、全体の印象も軽やかに見せてくれます。

 

 

ポリエステルのワンピースとニットのワンピースを比べてみました。

 

 

同じような黒のIラインワンピースでも、ポリエステル素材なら威圧感が少なく、とっても上品な雰囲気です。

 

 

▼こちらはレースブラウス VS コットンTシャツ

 

 

黒で痩せ見え効果を発揮しつつも、繊細な透け感が女性らしいレーストップスは、黒好きならチェックしておきたいアイテムです。

 

【初回購入送料無料!】fifth(フィフス)の通販サイト

 

レースや透け感が少ないものなら、大人世代も着こなしやすくなりますよ。

 

スポンサーリンク

【痩せて見える色】黒以外の色は?

 

Rikona mama
Rikona mama
黒以外で痩せて見える色って、あるのかな?

あります!!

青、ネイビーなどの寒色系は、体型に関係なく痩せて見えるカラーです!

 

▼ネイビーシャツ×ホワイトワンピース

 

青やネイビー、紫など寒色系の色は、輪郭をはっきりみせ、さらに実際よりも遠い距離にいるように思わせる効果があります。

 

写真を撮る時に一歩下がって写る原理と、同じようなことです(笑)

デニムパンツも濃いめのネイビーが痩せ見え率NO.1なんです^^

 

▼ネイビーデニム×ブラックTシャツ

 

 

黒Tシャツを組み合わせたダークコーデも、ネイビーデニムなら重たく見えることなく、着やせ効果もばっちりです。

 

▼ネイビーデニム×ホワイトシャツ

 

 

ネイビーと白は相性が良いと覚えておけば、忙しい朝のコーデがぐっと時短できますよ♪

 

【痩せて見える色】まとめ

痩せて見える色は黒です。

 

しかし、全身黒い服でまとめると、黒い鎧を着ているようにも見えかねません。

黒の面積を減らしたり、小物やアクセサリーで明るさや華やかさをプラスし、バランス良く着こなしましょう。

 

また、黒以外ならネイビーなどのダークカラーも痩せて見える収縮色です。

 

なるべく軽い素材、明るい小物、煌めくアクセサリーで、重たく見えないように意識すれば、痩せ見え効果をしっかり実感できるはずよ。

 

ダイエットはゆる~く続けながら、まずは痩せ見えファッションを楽しんでみませんか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます、Rikona mama (  @rikonaoyako ) でした。

 

タイトルとURLをコピーしました