スカートの丈や種類の違いを比較!着用画像付きでわかりやすく解説

こんにちは、Rikona mama(@rikonaoyako)です♥

 

今回はスカートの丈や種類を、着用画像を交えてわかりやすくご紹介いたします。

 

「マキシ丈」「ミモレ丈」や「フレア」「コクーン」など、流行に合わせてなんとなく使っていたファッション用語。

 

雰囲気を理解はしていても、詳しくはわからない人が多いのではないでしょうか。

 

身近なスカートの種類や丈について知っておいて損はないと思うので、この機会に一緒に学んんでいきましょう♪

 

  • スカートの種類が多すぎてよくわからない
  • マキシ丈とロング丈って同じ?
  • ミディ丈とミモレ丈の違いは?

 

同じように感じている人の少しでも参考にしていただけると、とっても喜びます^^

 

スポンサーリンク

スカート丈

まずはスカートの丈についてお話します。

ミニスカート

ひざ上10cm以上の短い丈のスカート。

 

ファッション通販サイト【夢展望】

 

ミディスカート

ひざ下、またはひざが隠れる丈のスカート。

 

 

長すぎず短すぎない、ちょうど良い丈のミディスカートは、上品な雰囲気にのコーディネートにピッタリです♡

 

ミモレスカート

ふくらはぎにかかる、またはふくらはぎの半分ほどが隠れる丈のスカート。

 

 

もはや定番化したミモレスカートは、大人の女性が取り入れやすい長さが嬉しい♪

 

ロングスカート

ひざ下で、尚且つ総丈70cm以上のスカート。マキシ丈もロングスカートの一部。

 

 

マキシ丈もロングスカートではあります。

 

しかし巷ではマキシ丈よりもちょっと短い、くるぶしより上の丈をロングスカートと呼ぶことが多いようです。

 

旬のスニーカーを合わせても引きずらないですし、足さばきも良いので人気が高い丈です♪

 

マキシスカート

くるぶし丈、またはくるぶしが少し見える丈のスカート。

 

 

マキシ丈スカートで作る“こなれカジュアル“が個人的にすきです。

スポンサーリンク

スカートの種類

丈がわかったところで、次はスカートの種類を学んでいきましょう♪

 

タイトスカート

腰から裾まで身体のラインに沿った細めのスカート。

 

 

タイトスカートよりも裾が細くなっていると、ペンシルスカートと呼びます。

フレアスカート

ウエスト部分はギャザー等がなくすっきりとし、裾に向かって広がっているスカート。

 

 

最近は裾に向かって広がっているスカート=フレアスカートと呼ぶ傾向が強いようです。

 

プリーツ

布を折りたたんでできた“ひだ=プリーツ”が等間隔で並んだスカート。

 

しっかりした厚めの生地で、幅の広い“ひだ”のタイプもあれば↓

 

 

薄い素材で幅の狭い“ひだ”のタイプもあります。

 

 

titivate(ティティベイト)公式サイト

裾消しプリーツスカート

 

ギャザースカート

ウエスト部分から、たくさんのギャザー(寄せ集めたひだ)が入ったスカート。

 

 

プリーツ・・・等間隔で、平行に並んでいるひだ

 

ギャザー・・・ウエスト部分に寄せ集めてできたひだ

 

チュール

バレリーナが着用しているような、透け感のあるスカート。

 

 

透け感がある素材なので、長めの丈でもコーディネートが軽やかに仕上がります。

 

ティアードスカート

ティアード=段々で横に切り替え、ギャザー(ひだ)などで飾ったスカート。

 

titivate(ティティベイト)公式サイト

コットンティアードスカート

 

 

まとめ

 

今回はスカートの丈と種類についてお話させていただきましたが、いかがでしたか?

 

ファッション用語は、アバウトな部分が多いですよね(笑)

 

しかし、「ミディ丈とミモレ丈」「フレアとプリーツ」などの違いが、今までよりもわかる!

 

それだけで通販サイトで洋服を選ぶ際、商品イメージが湧きやすくなると思います^^

 

スカートの丈や種類について知りたい人の、少しでも参考になると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます、Rikona mama (  @rikonaoyako ) でした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました