スポンサーリンク

トレンドよりも痩せて見える服!細い部分はあえて出すのが着痩せのルール

Pocket

こんにちは!元正直すぎるアパレル店員、現在は2人の子を育てるアラサーママのりこな(@rikonaoyako)です。

身長163cm・体重58kgのぽっちゃりママが、大人世代に向けたファッション技や実際に購入して満足できたアイテムを、リアルにご紹介しているブログです。

今回は痩せて見える服と着こなし方についてお伝えします^^

本記事は、「着痩せのルール」に的を絞った内容ですが、痩せ見えコーデテクニックをたくさん知りたい!という人には、「痩せ見えコーデの完全マニュアル【春夏編】」の記事も参考になると思いますので、どうぞご覧ください^^

さて、話を戻しまして

着痩せルールに関して結論から言いますと・・・

下半身が気になる人は、フレアスカートで下腹部やお尻をカバーしながら

鎖骨や首など華奢パーツが見えるVネックトップスでメリハリをつける

年齢や産後による体型の変化に加え、禁煙からの体重増加が止まらない今日この頃…。

食事制限やハードな運動などのストレスになるようなダイエットはしないと決めているので、痩せて見える服や着こなし方についてもう一度しっかりおさらいしたいと思います。

  • オーバーサイズの服が多すぎ!?
  • 全身ブラックでまとめすぎ!?
  • 隠すことに必死すぎ!!?
  • スウェットやデニムパンツなどカジュアルコーデすぎ!?
  • フィットしすぎ!?

上のようなファッションは、体型カバーどころかかえって太く見えたり、バランスが悪く見える危険があります。

特にオーバーサイズの服やスウェットなどは今季のトレンドアイテムなので、取り入れている人も多いと思います。

もちろん、わたしもその一人です(笑)

トレンドファッションもテンションが上がって楽しいですが、痩せて見える着こなし技を知っておいて損はありません。

「痩せてみられたい」「今の体型に合ったファッションを楽しみたい」と感じている人は、わたしと一緒におさらいしていきましょう。

それでは「痩せて見えるファッションルール」スタートです^^

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル広告大
スポンサーリンク

【着やせルール】見せるところはしっかり出して、隠すところは上手にカバー

初めにお話しましたが、体型を隠しただけのメリハリのないコーディネートは、実際よりも太く見えます

例えば・・・

隠しすぎコーデ

首元を開けて足首のシルエットを出しているのにもかかわらず、コーディネートが重たく野暮ったい…。

横から見ると妊婦さんに間違われてもおかしくないほどの、ボリュームシルエット。

それではメリハリが出るように意識して、手を加えてみます。

メリハリコーデ

シャツをスカートに入れ、共布のリボンでウエストマークしたことで、お腹周りがスッキリ見えると思います。

手首を見せることで重心が上がったため、先程よりも脚長に見えませんか?

こんな感じで“痩せて見える着こなし方“についてお話していきますので、どうぞよろしくお願い致します☆

【着やせルール】お肉がつきやすいパーツは・・・

“お肉がつきやすいパーツ・・・”

さっそくドキッとするフレーズですね( ゚Д゚)

個人差はありますが、一般的にお肉がつきやすいといわれている部分は以下の5か所です。

  • 肩~二の腕
  • お腹
  • お尻
  • 太もも

さっそく全身チェックしてみました。

う~ん…。若い頃とは体型が違うのは仕方のないことですが、思っていた以上に変化していました。

特に驚いたのは後ろ姿…。

お世話になることの多いガードル様に感謝した瞬間です^^

(プチプラですが優秀です)

実は、首のシワと同じくらい年齢を感じさせるのが“腰~お尻”のお肉のつき方であると言われており、着こなしの際に注意したいパーツ。

しかし、気になるパーツは人によって違います。

特に隠したい部分がどこなのかを知れば、次にお話する“見せる部分”がわかりやすくなりますよ^^

ちなみにわたしは下腹部、お尻、太ももの下半身全体を意識してカバーしたいと思います☆

【着やせルール】華奢なパーツをしっかりアピール

お肉のつきやすいパーツがあるということは、もちろん余計な脂肪がつきにくい部分もあります。

  • 首・鎖骨
  • 手首
  • 足首
  • ひざ下(太ももに比べたら)

上の4か所は比較的お肉がつきにくいパーツなので、着こなしの際は意識して出すと痩せ見えコーデが叶います☆

先程の画像をもう一度ご覧ください。

〇見せるパーツ・・・首・鎖骨・手首・足首のシルエット

〇隠すパーツ・・・下半身全般

見せる部分はしっかり出して隠したい部分を上手にカバーするのが痩せ見えコーディネートのルール♡

暖冬とはいえ今の時期必須のアウターは、ショート丈中綿ジャケットとウールのロングコートの2パターン羽織ってみました。

身長によっても変わりますが、160cm~の人ならロングもショートもバランス良く見えると思います。

また、着るだけで首や鎖骨がすっきりと見える“Vネックタイプのシャツ“は、ボリュームのあるボトムに合わせても痩せて見えるので、一着あるととっても便利です^^

チェック柄ワイドパンツは大好きなcoca【コカ】の1000円ぽっきりコーナーでゲットしました☆(現在は品切れです)

田中亜希子さんや石田一帆さん着用の服をお得に購入できるので、わたしはまめにチェックしています。

1000円ぽっきりの商品一覧

【痩せて見える服】“見せる&隠す“を意識したスカートコーディネート

下半身を隠すベストアイテムといえば、やっぱりスカート

そして見せるべきパーツは鎖骨^^

今回はトップスにVネックのリブニットを合わせました。

フィフスのVネックリブトップスはフィット感はあるのに、胴体のお肉を拾いにくいので気に入って着ています。



フィフスのセールは30~40%オフが多く、お得なタイミングを狙って小まめにチェックしています。

【初回購入送料無料!】fifth(フィフス)の通販サイト

ボーダー柄やドット柄、タイトスカートやフレアスカート、ひざ丈やひざ下のミモレ丈。

様々なタイプのスカートと組み合わせてみました。

下腹部・お尻・太ももをしっかり隠しつつも

鎖骨を中心に、手首・足首などの比較的華奢なパーツをアピール

コーディネートしてみて感じたことは・・・

共布のリボンやベルトがついていると、ウエストマークできるのでメリハリがつきやすいです。

どのスカートにも共通することですが、特にタイトスカートは断然生地の厚いタイプがおすすめ。

余計な肉を拾いにくく、身体のラインをキレイに見せ、着やせ効果を高めてくれます

【痩せて見える服】まとめ

今回お伝えしたことを、簡単にまとめておきます☆

  • 痩せて見えるためには、“見せる&隠す“のバランスが大切。
  • 隠したいパーツ・見せるパーツを選んで、メリハリのある着こなしを意識すると◎
  • 鎖骨をアピールするなら、Vネックタイプのシャツやニット
  • 下半身カバーには、脚がキレイに見える丈のスカートがおすすめ。

痩せ見えテクニックをもっと知りたい人は「痩せ見えコーデの完全マニュアル【春夏編】」で詳しくお伝えしているので、どうぞご覧ください^^

Rakuten BRAND AVENUE

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

応援してくださる方はポチっと押していただけると、とても喜びます☆

にほんブログ村 ファッションブログへ

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル広告大