スポンサーリンク

【30代40代向け】手っ取り早く叶う!3つの着痩せコーディネート技

Pocket

こんにちは、りこな(@rikonaoyako)です♥

以前お話したトレンドよりも痩せて見える服!細い部分はあえて出すのが着痩せのルール

上記の記事に喜んで下さった人が多かったので、今回は着痩せコーディネートについてもう少し具体的にお伝えできればと思い、写真を撮ってみました。

着痩せ技アリorナシが、あまりにも違って驚き、着こなし方の大切さを改めて実感^^

痩せて見える着こなし方が知りたいと思っている、30代から40代のわたしと同世代の人にとって、少しでも参考になれる記事が書けるように頑張ります。

それでは今回お伝えしたい着痩せ技は3つ☆

  • 3つの首を見せる
  • ロングワンピース&ロングの羽織で胴回りをダブルでカバー
  • ひざ下を出す&ウエストマーク

写真を撮って実際に見比べてみると、ファッションは着る服よりも着こなし方が大切だと改めて感じたので、さっそく力説していきたいと思います☆

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル広告大
スポンサーリンク

着痩せコーディネートとは

着痩せコーディネートのポイントとしてまず知ってほしいこと、それは“隠しすぎは危険”ということ。

気になるパーツを隠してばかりいると、メリハリがなくなり、かえって太って見えることがあります。

着太りを回避するためには“出す&隠す”のメリハリをつけて、全体をバランス良く見せることが大切です。

着痩せコーディネートはちょっと手を加えるだけで簡単に完成するので、一緒にチャレンジしていただけると嬉しいです☆

1.3つの首を出す

以前ご紹介した記事でもお話していますが、とっても重要なのでもう一度お伝えします^^

3つの首とは【首・手首・足首】

これらの3首は、お腹や太ももなどに比べるとお肉がつきにくいので、どんどん出してほしいパーツ。

シャツ×デニムパンツなどのシンプルなコーディネートが多い人には、特に意識して欲しい着こなし技です。

ただ着るだけだと・・・

少しですが首と足首が出ているのにも関わらず、すごく野暮ったい(/ω\)

お次は着痩せ技を加えたコーディネートです☆

いかがでしょう?

最初の画像よりもスッキリ見えると思います。

改善策は以下の4つです。

シャツを前だけイン・・・メリハリが生まれ、さらに重心が上がり脚長に

袖を二回まくる・・・華奢感のある手首を出して、女性らしさと抜け感をプラス

パンプス・・・ヒールがある靴を履くだけで脚長効果◎足の甲が見えれば抜け感も

髪を耳にかける・・・襟のある服を着る時は、首周りがすきっりするように髪をアップにまとめて

髪が短い人は、片方の髪の毛を耳にかけるだけでも大分すっきりします

ちなみにわたしはシンプルなコーディネートのとき、アクセントとして柄物のバッグを合わせることが多いです。

トレンドのレオパード柄は、黒よりも重たくならずにコーデをピリッと引き締めてくれるので、とっても使いやすいです。

レオパード柄ファーバッグのレビュー

Yahoo!で1,000円で購入できます。

アウターはもっぱら中綿ジャケットです。

ボトムを選ばないので、毎日のように着ています。

中綿ジャケットのレビュー

こんなに優秀な中綿ジャケットが、わたしが購入したときよりも1,000円くらい安くなっていました。

一着あると着回しが効いて便利なので、友人にもプレゼントしようと思います^^

テーパードデニムパンツはピエロで購入したものです。

安カワ総合通販サイト
Pierrot-ピエロ-公式♪

2.ロングワンピース&ロングの羽織で胴回りをダブルでカバー

気になる胴回りのお肉は、ワンピースと羽織り物のダブルでカバーするのがおすすめです。

立っているだけだとわかりにくいのですが、動いていると背中や腰回りの肉感が洋服に響き、気がついたら後ろ姿がパツパツなんてことも(/ω\)

しかも、長めの羽織物は縦のラインができるので、背が高く見え、結果痩せ見えに繋がります。

では、ワンピース×ジャストサイズのデニムジャケットコーデ

デニムジャケットの裾が横幅を強調して、ぽっちゃり体型を目立たせています。

流行りのミモレ丈も、ふくらはぎが悪目立ちして脚を太く見せる結果に…。

アウターを長めの物に、さらに足元をヒールのあるパンプスにチェンジしました。

羽織り物の白い裏地が縦のラインをさらに強めて、細見え効果をアップ☆

また、ロングネックレスやストールでも、縦長を作ることができます。

肌を隠す面積が増える分、手首を見せたり、ロングブーツではなくパンプスやショートブーツを合わせるなど、コーディネートに軽さを与えることで、好バランスに仕上がります。

3.ひざ下を出す&ウエストマーク

丈の長いスカートがトレンドではありますが、素材やカラーによってはコーディネートに重量感が出てしまいます。

コーディネートが重たくなる=太って見える

ですので着痩せを狙うなら、選ぶべきスカートは断然ひざ下が出る丈☆

本来はひざ下ではなく、ひざそのものを出した方がすっきり見えます。

しかし30~40代の大人の女性のひざ出しは、品がなく見える可能性があるので、わたしは苦手です(/ω\)

ですので着痩せ効果が足りない場合は、ひざを出すのではなく、ウエストマークするのがおすすめ♪

特に共布のリボンやベルトがついたデザインのスカートが一枚あると、とっても便利です^^

インの仕方でも着やせ効果は異なります。

左がニットを全てインして、少し出してゆるませた着方。

右がインしない着方です。

左の画像のように、前をインしてから少しゆるみを持たせると(ブラウジング)、コーディネートに立体感が生まれ影ができ、痩せ見えします。

インするとウエスト周りが強調さえて、かえって太って見える・・・。

そんなときは、インの仕方を変えてみると良いと思います^^

わたしが実際に行っているのですが、一度インしてから両手を上げてバンザイする方法が、自然なゆるみが出るのでおすすめです。

ウエストインが上手くいかないな・・・と感じるときは是非お試しください。

ボートネックニットはこちらです

田中亜希子さん着用(akiico/ニットソー 長袖 18aw coca)

2019年01月13日23時59分まで福袋でも手に入れることもできるので、気になる人は覗いてみてはいかがでしょうか^^



手っ取り早い3つの着痩せ技

最後に今回お話したことをまとめておきます^^

  • 3つの首を出す
  • ロングの羽織りなどで縦ラインを作る
  • ひざ下出し&ウエストマーク

【見せる・隠す】を意識することが、着痩せコーデへの近道となります☆

セール時期の今、上記の3つのポイントを抑えた洋服選びをしてみませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

応援してくださる方はポチっと押していただけると、励みになります♥

にほんブログ村 ファッションブログへ